瀬戸内のごちそう、愛媛から。
株式会社愛媛海産 愛媛海産 直営 オンラインショップ
HOME ごはんもの(炊き込みご飯の具) 瀬戸内の一夜干 瀬戸内来島海峡 来島海峡の魚とさばき方 しまなみ海道 会社案内
来島海峡の魚 と 魚のさばき方
あこう あなご あおりいか えそ ぎざみ
はも いぼだい いいだこ いかなご いしもち(ぐち)
かます かさご(ほご) このしろ こういか くろだい
まだい まだこ めばる めいたがれい さわら
さより さざえ せとだい しろぎす しろさばふぐ
したびらめ すずき たちうお うまづらはぎ うみえび

コノシロ(ニシン科)
イワシ類の中では沿岸性が強く、夏は外海ですごす。秋から春にかけては主に内湾にいて、河口、潟などの汽水域にも入る。餌は主にプランクトンであるが、デトライタスも食べる。産卵期は主に3〜6月。
美味しい食べ方
刺身、酢〆、焼物など

来島海峡の旬

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コラム
幼魚がコハダ
コノシロの幼魚(15pまで)をコハダと呼ぶ。江戸前の寿司ネタとしておなじみの魚だ。型が大きくなると小骨が気になるので、酢でしめて食べるのがベスト。
魚のさばき方
魚のさばき方/イカ・タコ編
魚のさばき方/サザエ編
株式会社愛媛海産 愛媛県今治市天保山町5-2-2 お問い合わせ先 E-MAIL : info@kurushima.co.jp TEL 0898-24-1154
(C)2008 EHIME KAISAN K.K. All Rihgts Reserved.